【借金、仕事の悩み】どん底から這い上がる方法

この記事は6分で読めます

【借金、仕事の悩み】どん底から這い上がる方法

 

このブログを訪れてくれる人、第一位の検索ワードは

「ピンチはチャンス」

と言うワードです。

 

なので、以下のページのアクセス数が突出して多いです。

※記事 ピンチはチャンスと言う名言(ことわざ)の本当の意味とは

 

非常にありがたいですね…

 

 

でも同時に、今現在これを読んで頂いている人の中にも

借金や仕事、人間関係、体調関係で悩んでいる人もいると思います。

 

 

借金問題について

 

私は借金問題については、吉田猫次郎さんにとても助けられました。

吉田さんは無料相談も行っていますので、本当にピンチの方は

頼ってみると良いです。

 

お金の問題で追い詰められると、本当にモノが喉を通らなくなりますし、

冷静な判断が出来なくなってしまいます。

私の場合は当時、本当に冷静な判断が出来ず、

その問題から逃げる事ばかりを考えていました。

 

私は吉田さんの書籍も読みまくったのですが、

そこに非常に参考になった一文がありました。

 

人間は緊張した糸の様に{ピン!}と張り詰めていると切れやすい。

気持ちも一緒ですと。

だから、深く考えすぎず、お金の問題は横に"うっちゃっておいて"、

美味しいご飯でも食べてくださいとの事。

 

確かに、自分が健康を害しては本末転倒です。

 

私も当時は、ムリをしてでも食べるようにしていました。

(味はしないです)

 

また、【借金(借入金)】の意味についても、自分なりの解釈をするようになりました。

 

結局、『借入金』と言うものは、貸す側もそのリスクと収益を

【金利】と言う部分に入れて、貸し出す訳です。

また、貸す側は、借りる側を必ず審査します。

 

要は、貸す側はある一定数の人からは、全額貸したお金が還ってこないことを

知っているのです。(当たり前っちゃ当たり前)

 

なので、返さなくなるのは、事故みたいなものです。

普通に、そしてごく頻繁にありえる話なのです。

 

なので私は、

「貸す方も見る目が無かったのかもしれないな…」

と、とても意地悪い解釈をしていました。

※参考動画(YouTube) 第4回苫米地英人が初めて語る〜苫米地博士の「お金の授業」〜 

 

そうしないと、心が安定しませんでした。

 

なので、借金(借入金)が返済できないことを

{自分"だけ"のせいと思わないようにした}と言う事です。

 

借金で思い悩む人は、きっと真面目な人です。

キッチリと、返そうとするからこそ、焦り、悩み、心が正常でいられなくなります。

 

借金は、借りる側と貸す側の貸借契約、それ以上でもそれ以下でもありません。

 

その契約内容が守られなかったからといって、

人格が否定されたり、あなたの存在が蔑まれることはありません。

いや、あってはなりません。

 

だって、100%未来を約束出来る人などいないのだから。

世の中、金利を上回る利益を残せる人ばかりでは無いのだから。

 

誰だって躓くし、失敗もする。

はじめに出来ると思ったことが、予想外の展開に成ることもしばしばある。

 

でも、お金を借りた時の気持ちは誰だって、

約束取りに返していくことをしっかりと心に刻んでいるんです。

借りる前から踏み倒してやろうなんて、思っている人など殆どいないと

私は思います。

 

いづれにしても、借金問題はなかなか身内にも相談しにくい問題です。

 

なので、上記で挙げたようなその道のプロに相談すること、

自分の健康だけは維持すること、

自暴自棄にならないこと、

緩さも必要であることを知っておくこと、

借金は貸した側との貸借契約であり、それを破ることは法律違反でも何でもない。

 

これらを意識すると良いと思います。

 

 

仕事の悩み

 

仕事の悩みと一言で言っても、多種に及ぶと思います。

しかし、共通していることは、

 

■過去行ったの出来事について

■未来に起こりうる出来事について

 

仕事の悩みの大半は、過去か未来から来ているもの多いと感じます。

 

私は、仕事上の事で少しパニックの様な状態に陥ると、

取り敢えず深呼吸をするようにしています。

 

深呼吸をすると、その瞬間まで姿勢が悪かったことに気付いたり、

呼吸が凄く浅かったりしていることに気付けます。

 

詳しいことは解りませんが、何故かパニックになっているときや、

極度に仕事で悩んでいる時は、呼吸が浅くなっている事が多いです。

 

なので、取り敢えず深呼吸です。

 

この時の深呼吸のポイントは、

【息を吸っている事と、吐いている事に集中をする】と言う事です。

 

何かに悩みすぎている時は、先程お伝えしたように、

過去の事か、未来のことで悩んでいるはずです。

 

深呼吸をすることで、【今、この瞬間】に、出来れば全意識を向けて下さい。

 

ハナから吸って~~~口からゆっくり吐いて~~~

 

を3回位行ってください。

これを最低3日位は、気がついた時にやってください。

(悩んでいる時は、絶対に姿勢が悪くなっています)

 

 

どん底時に私が実践して、最も効果があった二つの方法

 

私は人生どん底の時、◯◯◯◯万円位借入金があり、

それが実質返済不能になり、もうこの世の終わりのような顔をして過ごしていました。

 

そこから徐々にですが、抜け出せた際に効果があったと思う方法を二つ、

ここでお伝えします。

 

 

一つ目『鏡に写る自分を声を出して認めまくる』

 

当時私は鏡に写る自分に向かって、以下の様な事を声に出して伝えてきました。

 

「お前は今まで色んな事を乗り越えて来たじゃないか!

今回の壁は高いかも知れないけど、過去の壁も決して低くなかったぞ!

大丈夫大丈夫!」

 

 

 

ここまで長い文章でなくても、

鏡の中の自分の目を見て

 

「大丈夫、大丈夫(●´ω`●)お前は大丈夫。」

 

と、励ますのでは無くて、認める感じで話しかけていました。

 

頑張れ!って感じでは無く、存在自体を認めてあげると言うか、

{生きてるだけで言いやん!それだけでお前は価値があるぞ!}

と言う様なイメージです。

 

全世界の人が自分を褒めてあげなくても、

自分自身は自分を褒めてあげる。

 

これをずっとやっていました。

 

 

二つ目『人を助ける行動をする』

 

正直、自分がどん底真っ最中の時に、人を助けている場合ではありません。

しかし、それが非常にキーポイントになりました。

 

私の場合は、誰かから何かを相談される機会が多いタイプだったので、

そのどん底時も、人の相談などには乗っていました。

 

すると、自分が助けて欲しいハズなのに、人を助けている時は、

不思議と心が落ち着きました。

 

理由はよく解りません。

何故か落ち着きました。

 

多分、今考えると、自分で自分の事を『悲劇のヒロイン』の様に

思っていたのだと思います。

 

しかし、人の相談に乗ると、あちこちに悲劇のヒロインがいることを

知らされます。

それが良かったのかもしれません。

 

 

また、相談される人がいない場合は、何かを何処かに寄付したりするもの、

人を助ける行為です。募金なんかも良いかもしれません。

 

※当サイト売上金からの寄付につきまして

 

要は、救って欲しいと心から願っている立場から

救う立場にちょっとだけ移動すると言うイメージです。

 

 

 

【まとめ】

 

取り敢えず、解消できない問題は放っておいても私は良いと思います。

直接人命に関わる様な事だと、放っておくことは出来ませんが、

それ以外の問題は、どうしようも無いこともあるので、

深く考えすぎないようにした方が良いです。

 

また、人間は非常に分かりやすい生き物です。

 

自分が悩んだ時は、自分より大きい問題を抱えた人を

探してみてください。

絶対に見つかります。

例)村西とおる (Amazonへ飛びます。アフィリリンクでは無いです)

 

そして、その方たちのブログや生き様を見てみてください。

ちょっぴり楽になります。

 

 

私も順風満帆なときだけではありません。

 

人生本当に山あり谷ありです。

 

良い意味でヒョウヒョウと生きましょう。

 

 

本記事が皆様の悩みを1%でも和らげることを祈ってます。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。
<コンサル生実績>

かえでさん 月収150万円達成
まちゃきさん 月収100万円達成
やっちさん 月収90万円達成
ボンサンさん 月収19万円達成
ずんさん 月収600万円達成
kajiさん 月収160万円達成
山口さん 月収49万円達成
tomo-Mさん 月収21万円達成
shomaさん 月収21万円達成
たけしさん 月収98万円達成
TaKaさん 月収37万円達成
メグさん 月収11万円達成
永戸さん 月収250万円達成
がるるさん 月収40万円達成
パオさん 月収10万円達成
鈴木さん 月収50万円達成
junさん 月収10万円達成
■profile
タダノと申します。

私はリアルビジネスとインターネットビジネスの両方を経験させて頂き、自分の経験をシェアして行きたいと思っています。このブログのタイトルはネバギブログ。ネバーギブアップの略です。
座右の銘「ピンチはチャンス」「なんとかなる」

何かしらお役に立てると嬉しいです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る