“価値を生み出せる人”しか儲からない?

この記事は2分で読めます

"価値を生み出せる人"しか儲からない?

 

そこにはもう競争なんて無いんだ…

 

価値を生み出せる人に、競争は存在しなくなります。

 

今回の動画は、

価値を生み出せない人は、ずっと儲け難いよという話。

価値を生み出せる人は、ずっと儲かるよという話↓

 

価値=違い とも言える

 

例えば今、あなたのお腹が減っているとしたら、

どこで何を食べようと思いますか?

 

1000円前後で食事をする場合、

あなたの頭の中で候補に挙がっているお店は、

どの様なお店でしょうか?

 

定食だったらココ

パスタだったらココ

カフェ飯だったらココ

 

と言う風に、

1000円と言うお金の価値を、

最大限活かせる(損をしない)お店に行こうと思うはずです。

 

きっとそのお店は、

"あなたにとっての1000円"の価値感に、

1000円以上の付加価値を加算出来ているお店

であると言うことです。

 

人は、"損"をすることを、極端に嫌う生き物

 

人は損をすることを極端に嫌います。

例えば上記の{1000円の食事}の場合。

 

通りがかりで入ってみたお店のサービスが非常に悪く、

味も自分の口に合わず、

さらに清潔感も無いお店だったら…

 

「1000円損したな…orz」

 

と思うわけです。

そして当たり前のように、そのお店には2度と行くことはありません。

もっと言えば、そのお店の悪評を広めてしまうかもしれません。

 

それくらい、人間と言うのは、

自分が感覚的に持っている{金銭的な価値観}より、

とても低いサービスを受けた時、とても腹が立つ生き物です。

{価値観の不一致}は、人にとって大きい物なのです。

 

で、これは…

逆パターンの裏切り

にも適用されます。

 

あなたがたまたま入ったお店が、

「いらっしゃませ!!」と威勢がよく、

バイトと思われる店員さんもテキパキ動いているとします。

 

店内も清潔感があり、

料理も美しく盛られ、味も良し!

さらに、ご飯&お味噌汁のおかわり自由で、

そしてさらに店員さんが、

 

「おかわりいかがですか?どんどん食べて下さいね!」(美しい笑顔)

 

で言ってくれたりすると、

何か1500円位払いたくなります。

 

それが価値です。

 

きっとそういうお店であれば、

地元のお客さんも多いはず。

どうせお昼を食べるのであれば、そのお店を利用するはず。

 

もっと言えば、そのお店は

その地位域に必要とされるお店に成り得る

と言う事ですね。

最高の価値提供です。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


■profile
タダノと申します。

私はリアルビジネスとインターネットビジネスの両方を経験させて頂き、自分の経験をシェアして行きたいと思っています。このブログのタイトルはネバギブログ。ネバーギブアップの略です。
座右の銘「ピンチはチャンス」「なんとかなる」

何かしらお役に立てると嬉しいです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る