『不労所得』ってそんなに魅力?

この記事は3分で読めます

『不労所得』ってそんなに魅力?

 

不労所得、ビジネスオーナー、不動産収入、権利収入…

 

確かに魅力的ですよね。

月に数十万円でも、生活に困らない額の不労所得があれば、

金銭的なプレッシャーや、{やりたくないこと}から解放されると思います。

 

 

ただ、本当にそれ、欲しいですか?本当に本当に欲しいですか?

 

 

月々100万円の『不労所得』があれば、あなたは何します?

 

あなたが仮に『不労所得』をひと月に100万円、得られているとしたら、

何をしますか?

 

私の場合は、多分1ヶ月間位ダラ~~~っと何もせず過ごします。

そしてその後…

 

 

 

 

 

今と変わらない生活をしていると思います。

 

 

と言うのも、私は今の自分のライフスタイルに

ほぼほぼ満足していて、

更に、自分の好きなことを仕事としているので、

不労所得があろうがなかろうが、同じことをしています。

 

 

もちろん、今よりももっと所得が高ければ

出来ることは増えるとは思います。

 

ただ私としては、今の自分の生活そのものが

気に入っているので、『不労所得を得ないとダメなんだ!』

と言う意識がそもそもありません。

 

私の仕事が{労働収入}にカテゴライズされるのであれば、

永遠に労働収入で良いとすら思っています。

 

だってですよ、仮にあなたが『不労所得』にて月収100万円を得られても、

そこで人生が終わるわけでは無いですから。

 

 

さらにもう一つ、忘れてはならないのは、

『不労所得』を既に成している人自身も、普通に仕事をし、

普通にお金の事でも悩んでいます。

(悩みの種類や質は変わりますが)

 

もう一度言いますが、生活に十分な『不労所得』を得たときに

人生が終わるわけでは無いのです。

 

 

「あ、人生ってそうなっているのか…」

 

 

『不労所得を得なきゃ人生に自由は無いんだ!』

 

と言う考え方から是非、開放されて下さい。

 

もっとシンプルに言うと、

 

『◯◯をしなきゃいけない!』

 

と言う考え方から脱却することを私はお薦めします。

 

 

 

いつも思うのですが、自分が『お金』の奴隷になりそうな時、

それは自分の感覚が何かしらズレているときです。

 

そういう時にはまず、

 

 

『今ある幸せに目を向けて、しっかり"感謝"すること』

 

 

です。

そこから心をリセット&スタートしましょう(^^)

 

 

結局、『不労所得』であろうが『労働所得』であろうが、

それは

 

誰かの役に立って始めて成立するもの

 

です。

 

 

その上で、自分が社会に対し役に立てる部分と

『不労所得』を組合させられるアイデアが湧けば

実行に移せば良いと思います。

 

逆に『不労所得』と言う言葉の上っ面だけに

自分の心を振り回されていれば、結局それは遠のきます。

 

 

 

でわでわ!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。
■profile
タダノと申します。

私はリアルビジネスとインターネットビジネスの両方を経験させて頂き、自分の経験をシェアして行きたいと思っています。このブログのタイトルはネバギブログ。ネバーギブアップの略です。
座右の銘「ピンチはチャンス」「なんとかなる」

何かしらお役に立てると嬉しいです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る